医療保険・ガン保険ネット
 
サイトマップ
がん保険・医療保険ネット
医療保険
がん保険
入院保険
保険会社
掲載案内
会社案内
当サイトへ広告掲載を希望される場合はこちらまでご連絡下さい。
 

 


そもそも保険ってなんだろう?

保険は暮らしをとりまくさまざまな危険や病気に備えて加入するものです。毎月少しずつ保険料を支払うことで、万が一の場合の生活保障に備えます。

万が一に備える一般的な方法は貯蓄。ただし、貯蓄の場合は今までにためた額しか使えないため、事故などで補償する額が大きいと対応しきれなくなります。一方、保険なら加入をした時点から大きな保障が発生します。

このしくみの違いはよく「貯蓄は三角、保険は四角」と表現されます。というのも、損害などに対応できる金額の割合を、貯蓄もしくは保険期間開始日からをグラフにしてみると下記のようになるからです。

貯蓄の場合(三角) 保険の場合(四角)
      -----------目標額(保障額)
       ↑     ■
      不足分 ■■
       ↑  ■■■
         ■■■■
       ■■■■■
      -----------
開始時  事故    満期時

■…損失、損害などに対応できる資金

      ------------保障額
      ■■■■■■
      ■■■■■■
      ■■■■■■
      ■■■■■■
      ■■■■■■
      -----------
開始時  事故    満期時



平和に感じる毎日の暮らしの中にも、危険はたくさんひそんでいます。
たとえばこんなデータがあります。

がんでなくなる人…1分47秒に1人
入院する人…2.4秒に1人
通院する人…0.05秒に1人  
厚生労働省「人口動態統計」・「病院報告」・「医療施設調査」(平成12年)

交通事故発生件数…33.8秒に1件
交通事故でケガをする人…27.3秒に1人
交通事故で亡くなる人…57分58秒に1人   
警視庁「交通統計」(平成12年)

データからもわかるように、わたしたちは常に病気や事故と隣り合わせなんですね。自分に何か合ったときはもちろん、家族を守るためにも、保険はいざという時のための備えとしてとても重要です。

 
Copyright (c) 2004〜2017 hoken_iryouhoken_net all right reserved.
Powered by CMSホームページ制作Web